頭痛にならないようにする為の予防 - 鳥取県鳥取市の脳・神経内科専門医「下田神経内科クリニック」

鳥取市 下田神経内科クリニック

頭痛にならないようにする為の予防

トップ頭痛でお悩みの方へ>頭痛にならないようにする為の予防
頭痛がないとしあわせ

頭痛、片頭痛の予防の基本は、片頭痛を引き起こす要因をできるだけ遠ざける事です。
そのためにはどのような状況で、片頭痛がおこりやすいのかを把握しておくことが大切です。いつもと違うことをした時におこりやすいので、休日も寝過ぎたり、お酒を飲みすぎないようにしましょう。

片頭痛の予防法

生活リズムを整える

寝不足、寝すぎにならないように注意しましょう。

スマホやパソコンの
使いすぎに注意!

就寝2時間前は、使用を控えましょう。

ブルーライトの影響

ストレスをためない

疲れすぎる前に一息入れるなどゆとりを持ちましょう。

規則正しい食生活

空腹は片頭痛の引き金になります。

ビタミンB2や
マグネシウムを摂る

片頭痛の頻度や持続時間を減らします。

片頭痛を誘発する
食品を控える

ワイン、チーズ、チョコレートなど。
人によって誘因となる食品は違います。ご自身にとって誘因とならない食品は問題ありません。

日差しを避ける

日差しの多いところではサングラスをしましょう。

適度な運動

軽い運動は血管の働きを良くします。夕方に40分くらい、週5日以上の歩行運動が理想的です。

人混み、騒音、
強いにおいのあるもの
を避ける

片頭痛の誘因となるものです。

片頭痛を和らげる食品

以下の食品をできるだけ積極的に食べてみましょう。

  • ●ビタミンB2:豚肉、卵、大豆、焼海苔、うなぎ、ごま
  • ●マグネシウム:ほうれん草、下記、大豆製品、魚介類
  • ●ビタミンC:イチゴ、じゃがいも、緑茶
  • ●ビタミンE:大豆、うなぎ、しじみ、落花生
  • ●ビタミンA:バター、牛乳、卵黄、にんじん、ほうれん草
  • ●トリプトファン:牛乳、大豆、果実

詳しくは、頭痛大学ホームページをご覧ください。

頭痛でお悩みの方へ・・・下田神経内科クリニックができること。

下田院長はじめまして。院長の下田です。

“頭痛”という二文字は、簡単そうで大変奥が深いもので、お悩みの方はたくさんいらっしゃいます。厄介なのは、原因がはっきりせず治りにくいということ・・・。
頭痛は、あまり心配がいらないものもあれば、脳の異常が原因で命にかかわるものまであります。

治療する上で最も大切なことは「なぜ頭が痛いのか?原因を知ること。」です。原因解明をするために症状についてのお話をじっくりお聞かせ下さい。その上で、患者様に適した治療を行ってまいります。

辛い頭痛でお悩みの方、まずは、当院にご相談下さい。

院長あいさつ
まずはお気軽にお問合せ下さい。 電話番号0857-32-7020 診療時間:午前9時から午後6時、休診日:水曜の午後・土曜の午後・日曜・祝日 ご予約方法はこちら
気軽にお問合せ下さい。TEL0857-32-7020
鳥取市・倉吉市・湯梨浜町など幅広いエリアからご来院いただいております。
  • 受付・診療時間
    9:00~12:30/
    15:00~18:00
  • 休診日
    水曜の午後・土曜の午後
    日曜・祝日