脳卒中予防薬「プラザキサ」新発売 - 鳥取市 下田神経内科クリニック|脳・神経内科専門医
しもだ院長が綴る健康ブログ
トップ健康ブログ>脳卒中予防薬「プラザキサ」新発売

脳卒中予防薬「プラザキサ」新発売

2011/04/26

食べ合わせの問題がない脳卒中予防の新薬、プラザキサが発売されました。

プラザキサ(成分名ダビガトラン・エテキシラート)は、血管を詰まらせる血栓を出来にくくし、脳卒中を予防する新しい抗凝固薬です。血液を固めるトロンビンという酵素に直接作用し、心臓病の一種の「心房細動」の患者が1日2回服用すると、低用量のダビガトランと従来薬のワーファリンは、ほぼ同等の脳塞栓予防効果があり、通常量のダビガトランは、それよりやや上回る予防効果が確認されました。

従来の薬であるワーファリンは、血液中の凝固成分を増やすビタミンKの作用を抑えて効果を出すので、ビタミンKを豊富に含む食品の摂取は不可であったため、納豆、クロレラなどの摂取が出来ませんでしたが、新薬はこの問題がなくなりました。

 

▼詳しくはこちらをご覧下さい

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

気軽にお問合せ下さい。TEL0857-32-7020
鳥取市・倉吉市・湯梨浜町など幅広いエリアからご来院いただいております。
  • 受付・診療時間
    9:00~12:30/
    15:00~18:00
  • 休診日
    水曜の午後・土曜の午後
    日曜・祝日