頭痛や認知症、脳卒中、めまい、しびれ、ふるえ、てんかんなどの外来治療。 - 鳥取県鳥取市の脳・神経内科専門医「下田神経内科クリニック」

鳥取市 下田神経内科クリニック

診療科目

トップ>診療科目
  • 神経内科
  • 内科

神経内科とは?

どこの病気であるかを特定し、必要に応じてどの診療科に受診するのがふさわしいかを見極めます。

当クリニックで診察・治療→必要があれば他の診療科を紹介→整形外科・脳神経外科・精神科・耳鼻いんこう科

神経内科では、どこの病気であるかを見極めます。その上で必要であれば、骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術が必要なときは脳神経外科に、精神的なものには精神科にご紹介します。 眼科や耳鼻いんこう科の病気の場合もあります。

対象疾患

診療内容

頭痛治療(投薬)

頭痛に悩まされている方は少なくありませんが、辛さをあまり深刻に受け止めてもらえないのがほとんどです。また、頭痛の自覚症状をはじめとした悩みは世間で十分に認知されておらず、ともすると医療機関でも理解されないこともあります。

慢性頭痛の多くは、緊張型頭痛、片頭痛で占められますが、緊張型頭痛や片頭痛は生活習慣とも関連しています。症状を確かめながらゆっくりと治療を進めていきます

さまざまなストレスが多い今の時代だからこそ、頭痛はこれからも対応が必要な症状であり、その診断をきちんと行うことが重要と考えます。

「脳の病気が心配」「頭痛がひどくて寝込む」「いつ頭痛が来るのか不安」「まわりに理解されない」「鎮痛薬の飲み過ぎが心配」といった悩みを是非ご相談下さい。

詳しくはこちら

認知症

アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、他の認知症など、あなたの周りで、もの忘れや認知症でお困りの方はいませんか

お薬もあり、治る認知症症状もありますので、神経内科専門医での見極めが大切です。

詳しくはこちら

脳の健康相談

脳神経疾患の予防、治療の専門病院として脳を守り、皆様の健康にお役に立つよう脳の健康相談を行っています。

私たちの目指す脳の健康相談は、脳の病気の中で一番多い脳出血脳梗塞くも膜下出血などの脳卒中の原因である脳の血管の病気を予防し、守っていくことを考えています。

高齢社会を迎えて、関心の高い認知症も、実は脳血管によるものが半分を占めているといわれており、日常の生活をチェックすることが脳を大切にすることにつながるものと言えます。

脳の健康相談でわかる病気

  • 脳腫瘍
  • 早期脳梗塞
  • 慢性硬膜下血腫
  • 脳動脈瘤
  • 血管奇形 など
パーキンソン病治療(投薬)

手足がふるえる、動きが悪く動作に時間がかかる、体が固い、転びやすい、無表情、食べ物や飲み物が飲み込みにくい、字を書くと字が小さくなってしまう…などの症状が見られるパーキンソン病。

現時点では発症原因は不明であり、根治治療は難しいですが、脳内で減少したドーパミンという物質を補うことにより、症状がかなりコントロールできます。当クリニックでは患者さんに治療法をしっかり説明し、不安や心配を軽減してもらえるよう、心のケアにも配慮します。

詳しくはこちら

  • 神経内科
  • 内科

内科診療について

診療内容

風邪や腹痛などの内科一般診療も幅広く受け入れています。

二次救急や専門的な診療が必要と判断された場合には周辺の専門施設に紹介することもあり、地域医療機関と連携しながら診療に当たっています。

気軽にお問合せ下さい。TEL0857-32-7020
鳥取市・倉吉市・湯梨浜町など幅広いエリアからご来院いただいております。
  • 受付・診療時間
    9:00~12:30/
    15:00~18:00
  • 休診日
    水曜の午後・土曜の午後
    日曜・祝日