認知症とは一体なに? - 鳥取県鳥取市の脳・神経内科専門医「下田神経内科クリニック」

鳥取市 下田神経内科クリニック

認知症とは一体なに?

トップ認知症でお悩みの方へ>認知症とは一体なに?

認知症そしてアルツハイマー型認知症とは?

認知症の原因として最も多い病気が「アルツハイマー型認知症」です。

加齢のせいだけとはいえないひどい物忘れや物事を考えたり判断したりすることが困難になり、日常生活に支障をきたすようになった状態を認知症といいます。加齢によるもの忘れではものごとの一部を忘れるだけですが、認知症ではものごとが起こったこと自体を忘れてしまいます。

認知症の割合は歳を重ねるとともに増加し、75歳以上で5人中1人が認知症になると言われています。そしてその原因の中で最も多くの割合を占めるのが「アルツハイマー型認知症」なのです。

老化による「物忘れ」と「認知症」の違い

「物忘れ」は物事の一部を忘れてしまうこと。「認知症」とは物事が起こったこと自体を忘れてしまう状態。

年齢を重ねるうちに「最近、物忘れが増えてきたな」と思われる方が多いのではないでしょうか。
これは脳の神経細胞の減少という避けることのできない老化現象の影響で、誰にでもある「物忘れ」です。
「アルツハイマー型認知症」とは、脳の神経細胞が通常の老化よりも減ってしまうことで、脳が萎縮していく病気です。

初期段階では老化による「物忘れ」と「認知症」は区別がつきにくい病気です。
大きな違いの一つとして、老化による「物忘れ」では物事の一部を忘れるだけですが、「認知症」では物事が起こったこと自体を忘れてしまうという点があげられます。

物忘れと認知症の違いの図

また、「認知症」と診断するには症状が一過性のものではなく慢性的で進行性のものであるというとことが重要になります。

認知症の症状

認知症の症状は大きく分けて「中核症状」と「行動・心理症状(BPSD)」の2つに分類されます。

「中核症状」とは、覚える、判断するなどの役割を担っている脳の神経細胞が失われて、機能が障害されるために起こる「思い出せない」「理解・判断できない」といった症状です。

「行動・心理症状(BPSD)」とは、中核症状に伴ってイライラしたり、抑うつ、徘徊、暴力といった症状が現れることを言います。

認知症では病気の進行とともに神経細胞も失われていくため、中核症状はすべての人にみられ、病気とともに進行していきます。一方「行動・心理症状(BPSD)」は病気の進行と関係なく、すべての人にみられる症状ではありません。

「行動・心理症状(BPSD)」は、周囲を巻き込んださまざまなトラブルを引き起こすことが少なくなく、認知機能障害以上に本人だけでなく家族や介護者を悩ます問題症状ということができます。認知症の人の不安な気持ちや焦り、苛立ちなどを早い段階で受け止めた環境づくりや適切な対応により未然に防いだり改善できたりすることも少なくありません。

認知症の重症度

重症度別にみられる症状

  軽度 中等度 高度
記憶
  • 最近の出来事をしばしば忘れる。
  • 古い記憶は、ほぼ正常。
  • 最近の大きな出来事、ニュースを思い出せない。
  • 古い記憶の部分脱落。
  • 新しい出来事は全く記憶できない。
  • 古い記憶の多くが脱落。
時間、場所
人物の認識
  • 年月日が不正確。
  • 場所がだいたいわかる。
  • 年月日、時間、場所が不正確。
  • 年月日、時間、場所、人物がかなり不正確。
会話
  • 通常の日常会話はほぼ可能。
  • 応答は速やかだが「あれ」「それ」の言葉が増える。
  • よく使う言葉が出ない。
  • 会話にズレがある。
  • 記憶に頼る内容の会話はきわめて困難。
  • 簡単な日常の会話でも理解困難なことがある。
日常生活
  • 趣味に対する関心が減る。
  • 複雑な家事(料理など)がきちんとできない。
  • 注意力が減退。
  • 複雑な家事がかなりできない。
  • 日常生活で時に介助を要する。
  • 日常生活で全面的介助を要する。
  • しばしば失禁。
気分
  • 時々不安や、気分の落ち込みが見られる。
  • イライラすることが増え、笑顔が減る。
  • 表情が以前に比べ乏しくなる。

認知症に関する誤解

年のせいだから仕方がない。

アルツハイマー型認知症は疾患によって引き起こされる器質的障害です。医師の診断を受け、適切な治療を行うことが大切です。

治らないから仕方がない。

アルツハイマー型認知症は、長い間治療法がないとされてきましたが、現在では進行を遅らせる薬が開発されています。

予防できないから仕方がない。

アルツハイマー型認知症の発症には、生活習慣病も関与するといわれています。生活習慣病のコントロールがアルツハイマー型認知症の発症の予防に繋がる可能性があります。

まずは認知症を正しく理解し、ご家族、介護者が心にゆとりをもって認知症の人と向き合うことの出来る環境づくりが大切なのです。

気軽にお問合せ下さい。TEL0857-32-7020
鳥取市・倉吉市・湯梨浜町など幅広いエリアからご来院いただいております。
  • 受付・診療時間
    9:00~12:30/
    15:00~18:00
  • 休診日
    水曜の午後・土曜の午後
    日曜・祝日